トイレ交換のポイント

家庭用のトイレは、新築の場合なら10年ほどは使用することができると言われていますが、10年を過ぎると、あちこちに故障や不具合が出てくることがあります。

便器自体の寿命はもう少し長いのですが、温水洗浄便座やトイレタンクの部品の故障が先に起こることがほとんどです。水漏れがしたり、動きがおかしくなってきているのを、少しのことだからと放っておくと、ある日突然大量の水が漏れて、急いで修理をしてもらうことになるかもしれません。急いでいると、修理を依頼しがちですが、後から、トイレ交換をすると節水トイレに変えることができて、トータルで安上がりだったかも、ということもあるのです。

節水型のトイレに変えたいと思っているなら、自宅のトイレが10年を経過していたら、トイレ交換する方がお得になり、気持ち良く使うことが期待できます。従来型のトイレがおよそ13Lの水を使うのに対し、最新式のトイレは3.8Lとずいぶん節水できるので、水道代が年間で約15000円お得になるというデータもあります。トイレを10年使うとすると、修理しながら使うよりもお得で、快適です。

最近のトイレは、汚れが付きにくい工夫や自動洗浄機能などが付いているので、トイレ掃除にかかる洗剤や時間も節約できます。トイレ交換をする時には、自宅に合うトイレを選び、修理の必要がないうちに交換することがポイントです。トイレに手洗いが付いていればタンクレスが良いですし、手洗いがなければ手洗いつきが良いでしょう。ウォシュレット、シャワートイレ一体型ならおうとつや継ぎ目が少ないので、すっきりとした見た目でお掃除も楽です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *