住宅の分類:一戸建てと共同住宅

住宅という点で分類する場合、ますは所有権で分類する事ができます。

所有権での分類すると大きく二種類「賃貸」「分譲」となります。さらに、建物の種別で分類しますと「共同住宅」『一戸建て』に分類する事ができます。いずれの住宅においても、それぞれに異なる特徴がありますので、これから住居を探す際には自身の将来像、小ら鵜の人生設計をイメージしながら住居について検討されることをお勧めします。人生設計までと記載しました理由は、人が生きていくうえで住居は必ず必要なものである事、また所有する場合においては多額の費用を要すること(世間一般にはローンを組む)になる為、将来のことをイメージされておくことをお勧めしています。

一戸建て住宅という事であれば、住宅が独立していますので、音や臭いといった点においてすぐ近隣を意識する必要なく、住居内でのコミュニティ内で過ごす事ができます。ただ、近隣との関係性が希薄になりがちであり、孤立するケースもあります。一方、共同住宅という事になれば、住居自体が数10㎝程度の壁もしくは床、天井などを介し、近隣住居と接している為、音や臭いといった点において非常に注意する必要があります。また、水漏れや火事などの影響も直ちに受けることとなります。

実際に、近隣住居とのトラブルが多く発生、しばしば重大なトラブルへと発展している事例がある事も事実です。一般に共同住宅の方が一戸建てより、住環境としてはメリットが大きい点も多くあります。(住戸内設備が充実してあったり、修繕など残す面での費用負担が低い場合も多く、またバリアフリーなどの対応も充実している場合が多いなど)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *