水道の水漏れは自分で修理することができる?

水道の水漏れの原因の大半は金具やパッキンなどの部品の老朽化なので、冷静に水漏れが発生した箇所を見極めてホームセンターなどで部品を購入して自分で修理することもできます。

修理方法がわからないときには、現在ではインターネット検索で調べれば必要な工具や交換する部品、販売されているお店などを詳しく知ることができるので、それほど難しいことではありません。自分で修理するメリットとしては、業者に依頼する費用を大幅に節約できるということがまず挙げられます。

業者に出張してもらうと出張料金に加えて修理代や部品代なども追加されるので、業者に支払う料金は1万円を超えることも少なくありません。こうした費用を考えれば、自分で部品交換すると大幅な経費節減になるので大きなメリットとなります。とはいえ、自分で水道の水漏れをなおすというのは素人にとっては意外と難易度が高く、手間がかかるものです。まず水漏れが起こっているところを確認して壊れているのがどこであるかを確認し、パッキンや金具などの部品や工具をお店に買いに行きます。

そして使い慣れない工具を使って水道の蛇口を分解して部品を交換すると3時間以上はかかるので、平日お仕事がある場合には自分で作業を行うのは困難です、また、自分でなおそうとして失敗すると事態をさらに悪化させてしまうので、シャワーなどの細かい温度調節機能がついている水栓のように内部の構造が複雑な場合には、素人が分解するとかえってひどい状態になる場合があるので、諦めて専門の修理業者に依頼するのが無難です。現在では、電話一本で365日24時間いつでもすぐに駆けつけてくれる業者も存在するので、急に水道のトラブルが発生したときにはまずこうした業者に相談してみることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *