トイレ交換をする際のポイントは

トイレが古くなったり、水漏れなどの故障が起きて、そろそろトイレ交換をしたいとお考えの方に、おすすめしたいことがあります。

トイレのリフォームとなると、大掛かりな工事や日数がかかるのでは、と思っている人も多いかと思います。便器の交換だけであれば、その日の内に工事は終わります。今では、リフォーム用の便器を販売している会社も多く、配管の位置や大きさなどが、新しいトイレと異なっていても、フレキシブルに対応できるようになっているからです。せっかくトイレ交換をするなら、現状よりも使いやすいトイレ空間にすることをおすすめします。

リフォームをする上でのポイントですが、まずは便器に温水洗浄便座をつけることです。今や温水洗浄はついている商品がほとんどで、便利な機能なのでついているものをおすすめします。二つ目は、手洗いを別に設けることです。便器のタンクから出る手洗いとは別に洗面を作ることです。タンクから出る水の場合、手を洗う際に床に水が落ちて、濡れやすくなるため、別に手洗いをつくることをお勧めします。

狭い空間でもおけるスリムタイプの洗面もあります。三つ目は、トイレ交換だけでなくトイレ空間ごとリフォームすることです。トイレの床などの工事は、便器を変えたときくらいしかめくったりすることはありません。便器を交換したついでに、床を張り替えたり、入口に段差がある場合は、バリアフリーにするなど、トイレ空間ごと現状よりも使いやすくすることがポイントです。トイレ交換をするなら、ぜひこの2点をポイントにおいて、リフォームを考えて見ることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *