雨漏りした場合の応急措置の方法について

雨漏りは一戸建て住宅を所有されている方にとっては、厄介なもので屋根を原因とすることは確かですが、屋根のどの部分から雨漏りに結び付いているかは、解りにくい点があります。

そして雨漏りの応急措置の方法には、幾つかの方法が存在します。まず工事用の養生などに使用するブルーシートを用いる方法で、ブルーシートをテープで固定を行い、その上から砂利を詰めた土嚢を設置して固定する方法です。これは屋根の面積の広範囲にブルーシートを被せることも可能で、原因箇所が特定できていない場合には有効な方法となります。ただ屋根と養生シートの間に隙間が存在すると強風の場合、その隙間から風が侵入して、ブルーシートを吹き飛ばしてしまう恐れがあります。

そのため、吹き飛ばされない様に注意をすることが肝要です。次に屋根のどの部分が原因で雨漏りを起こしているかが判明している場合、その部分に粘着テープや防水テープを貼り付ける方法があります。ただ原因箇所が幾つもある場合、そのテープによる方法は限界となり、また疑わしき所に貼り付ける形になるため、見栄えが悪くなります。他に有効な方法としては、コーキング材で雨漏りを起こしている箇所を塞ぐ方法です。

これもコーキング材は水を撥じく性質があるため、有効な方法の一つでもあります。ただ原因箇所が特定していないとどこにシーリング材を塗布すればよいのかが解らず、難しい方法の一つにもなります。以上の方法が応急措置として活用されますが、やはり最善策はリフォーム業者などに依頼して、屋根の葺き替えを行って貰うことが最善の方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *