雨漏りの応急処置方法とは

住まいが雨漏りをした場合、どのような対処法を考えるでしょう。

多くの人は塗装業者や工務店、雨漏り専門に対処する業者にアプローチし、調査してもらったうえで作業依頼をするでしょう。長時間雨漏りの状態が続けば住まいは劣化が進み、カビの発生や木材が腐るなど建物への不具合に発展するという懸念から、急いで対処したいと考えるでしょう。塗装業者や専門業者の場合、雨漏り補修を生業としており、依頼されれば必ず補修や塗装の見積もりを出すでしょう。

塗装となると、足場の掛け払いや養生、塗装費用が大きくかかります。ただ、前回行った塗装から10年未満である場合、必ずしも再塗装をしなければいけないわけではなく、応急処置による対処で十分ということもあります。まずは、雨漏りの位置を把握するために漏りている部分の調査を行います。天井から屋根を確認します。改めて、屋根にのぼり浸水する部分を確認します。

その際にビニールシートやブルーシートと粘着テープを用意しておきましょう。金属屋根の場合、繋ぎ目のコーキング劣化やスレート屋根の場合、割れなどの原因があり、浸水部分にコーキングで埋め込んで一先ず漏れは止まります。その後、コーキングを埋めた周辺の塗装をしておくと良いでしょう。天井裏の確認や屋根にのぼる場合、はしごの固定をしっかりとして安全な状態で作業しましょう。対処後はカビが発生しやすいため、吸湿剤などを屋根裏に置くと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *