簡易的な雨漏りの修理と計画的な改修

プロに雨漏りの修理をお願いするだけの資金や時間がないときには、簡易的な処置で対応することが可能です。

屋根の広い面積が疑わしい場合はブルーシートで応急処置をしたり、天窓や谷樋の隙間から漏れたり、トタン屋根の場合などは、防水アルミテープを貼り付ける、あるいはシリコンを隙間に注入して雨水の侵入を防ぐことで一時的に凌ぐことが可能です。台風など、豪雨に簡易的な雨漏りの修理は効果が薄いので、早めに計画を立てて直していくようにすべきです。放置しておくと状況が悪化していって、もっと費用がかかる修理をしなければならない可能性が出てきます。

建物の内部や柱などが腐ってきたりすると耐久性が落ちてしまいとても危険です。築後10年程度経過している場合に屋根から漏れていて、雨漏りの修理をしなければならないときには、全体的な改修が必要になってしまうことがあります。今漏れていないところでもすぐに同じ状況になって漏れはじめる可能性が高くなっているからです。トタン屋根などは特に全体的に影響が出やすく、屋根材を新しいものに替えたほうがトタンよりも長持ちするものがたくさんあるので考慮すべきです。

瓦は地震のときに落下する恐れがあると考える人も多いですが、昔と違って設置するときに1枚1枚止める事ができるようになっているのであまり神経質に考えう必要はありません。屋根に異常がない場合には、外壁のひび割れやベランダなどから雨水が侵入している可能性があるため、外壁などの劣化もよく見て雨漏りの修理に取り組むべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *