雨漏りがあるか確認する方法

雨漏りは天井から水がぽたぽたと零れ落ちてくるだけの現象かと思われがちですが、壁の内部や屋根裏などがかびだらけになるので、住人の健康を損なうことにもなりますし、木造部分を腐食させることでシロアリを呼び寄せたり、最悪の場合には家を倒壊させることにもなりかねない恐ろしい現象なのです。

雨漏りが一回だけで終わったり、雨のたびに起こるわけではないからといって、決して安心していいわけではありません。分かりやすく雨漏りが起こらなくても腐食やカビの繁殖など、家は確実に蝕まれてるのです。それでは、家を守るために雨漏りが起こっている痕跡を把握するにはどのような点に着目するといいのでしょうか。ごく初期なら応急処置だけで済む場合もありますし、修理代もそれほどかかりません。

対策が遅れれば遅れるほど工事も大掛かりになって費用もかさむことになります。まず屋根の状態を確かめます。瓦屋根の場合は、瓦が損傷していないか確認しましょう。割れた瓦やずれた瓦は雨が侵入する隙を与えてしまいます。棟瓦は漆喰を詰め直します。

スレート屋根の場合は寿命が15年くらいなので、寿命が過ぎる前に好感しておくと安心できます。トタン屋根の場合はさびているか定期的に確かめましょう。寿命は10年くらいでしたが、最近はガルバリウム鋼板の登場で耐久度が上昇しました。ベランダに関しては、コーキングがはがれているかや床の防水シートの劣化具合を点検を欠かさず行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *