雨漏り修理の流れと注意点について

雨漏り修理を依頼する場合には、大よその流れを把握しておくことが必要になります。

一般的には、まず業者に相談を入れ、状況を説明した上で日時を決め現地調査を受けることになります。その後業者から見積りが提出され、説明を受けた上で内容を確認、了承した場合には契約を取り交わします。実際の修理に関しては、単純な場合には1回で工事完了となりますが、複雑な場合など、雨漏りの原因が確定できていないようであれば1、2回雨降りで様子を見てから判断をすることになり、問題が無ければ工事の完了となります。

雨漏り修理の依頼では、調査方法には注意をする必要があります。原因が特定できている場合には問題はありませんが、そうでない場合には、費用がかかったとしてもしっかりとした調査を依頼する必要があり、通常、散水による方法が用いられます。雨漏りの調査は目視で行われることが多く、この場合には勘や推測で判断されることが多くあります。しかし雨水の侵入に関しては、屋根面から室内までの経路など特定することが難しい場合が多く、ここではできるだけ、実際に確認をするとが重要なポイントの1つになります。

確認できることでより確実な修理をすることができ、工事完了後の再発も防ぐことができるようになります。また、散水による方法は複数個所が原因の場合にはより効果が高い調査法となり、後々、追加工事なども発生しにくくなります。業者の広告等では、調査無料や見積り無料の掲載を目にしますが、この場合には目視調査であることを認識しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *